© by Nappalm Co.ltd.,

" Basic to update everyday "  from tokyo

Women fashion

日本東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-4ヒルトップスクエア千駄ヶ谷1F

代表TEL:03-5414-2563

  • MINELAL Instagram
  • MINELAL Pinterest
  • MINELAL Twitter
  • MINELAL Facebook
  • MINELAL Tumblr

Follow Us

October 26, 2017

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

■THINK■ネパールで23年間暮らした日本人が考える、幸せになる方法

July 3, 2017

6月29日午後。ネパールを支援し23年間、そして今も貧困の村で暮らしている垣見一雅さんの講演会に行きました。

垣見さんは現地でOK BAJIと呼ばれています。ネパールへ渡った当初は現地の言葉が分からず、OKとナマステのみで会話をしていたら、ある日子供たちからOK BAJIと呼ばれるようになったそうです。BAJIとはネパール語でおじいさんの意味。

 

このエピソードからも垣見さんの異文化への適応能力、そして言葉が通じないながらもネパールに熱心に尽くしてきたことが分かります。

 

コップ一杯の水で歯を磨き体を拭いたり、17時間も続く停電。そして言葉も通じない貧困の土地で20年以上生活する、、、そのような体験を私はしたことがないし想像さえもつきません。

なぜ彼は過酷な状況下でもネパールに尽くすことを止めず、熱心に活動してこられたのでしょうか。

 

垣見さんは生まれも育ちも東京で登山が趣味の高校教師でした。ある時のヒマラヤ登山中に雪崩に遭い、垣見さんののポーターが亡くなってしまいました。彼の村を訪ねた時、厳しい状況で暮らす人々を目のあたりにした垣見さんはボランティアを始める決意をし、一人で現地で暮らし始めたのが23年前です。

 

垣見さんが活動を行う中で大切にしていることが現地の方へ”あなたたちがいてくれたおかげで活動が出来ている”という感謝と尊敬。

 

彼の言葉で印象に残った言葉が”活動をする中ではTo give よりもTo be givenが多い”です。共に生きることで現地の方々から様々なことを教えてもらい、それを学び、そして満たされる気持ちをいただくのだそうです。

 

”あるもので、いまから、自分から。” 垣見さんのお話を聞いていると自分が出来る小さなことからactionを起こして行けばよいことが分かってきました。例えば一駅募金。近い所なら電車を使わず、歩いて移動し電車台を貯めます。ネパールが雨季の時期は活動が出来ないため、彼は日本に帰って活動するときにこれを行っています。その貯めたお金、1万2千円分をくず米400キロ分にしネパールの貧しい家庭にプレゼントしているそうです。

彼の講演会へ行き、最も印象に残った言葉が”The surest way to be happy is to meke others happy”です。自分が幸せになるためには他人が幸せでなくてはならない、、、

近年、”ethical”や”sustainability”などの言葉が浸透し、私たちもやっと垣見さんの考えを追い始めようとしています。

 

 

---Japanese who live in the poor village of Nepal for 23 years think the surest way to be happy---

I went to a lecture about supporting Nepal by Mr.Kakimi Kazumasa.

Mr.Kakimi is called “OK BAJI” locally. Because he could not understand local language when he started to stay there and just could spoke “OK” and “Namaste”.

“BAJI” means old man in Nepal language. This is why he was called “OK BAJI”.

 

I see his ability to adapt to different cultures, and how he devoted to Nepal with enthusiasm.

Can you image that you brush your teeth and wipe your body with a glass of water, and power outage lasting 17 hours…? I never imaged such experiences.

 

Why didn’t he stop acting in Nepal, even under severe circumstances, and have worked enthusiastically?

 

Mr. Kakimi was born and raised in Tokyo and worked as a high school teacher has a hobby of climbing. When he climbed Mt. Himaraya with his porter, they had an accident and his porter died. After that Mr.Kakimi visited his porter’s village and saw people living in harsh conditions.

He decided to start volunteering and began to live locally.

 

He said "It is the most important thanks and respect to active with local people. I  get a lot of things from them and  feel he is given more than he gives."

 

“Start something from myself”  When I heard his story I realized that I should take action from small things I can do. For example If the destinations is close I walk instead of using train for saving money like him. He give poor families in Nepal 400 kilos of rice every year.

 

The most impressive word from him is "The surest way to be happy is to make others happy".

I should make others happy if I want to be happy.

The word “ethical”, “sustainability”penetrated lately. We are finally starting to follow Mr.Kakimi’s way.

 

ECサイト : http://shop-minelal.com/

Instagram : https://www.instagram.com/minelal__/

Facebook : https://www.facebook.com/nappalm174/

Twitter : https://twitter.com/minelal__

 

 

 

                                

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索