© by Nappalm Co.ltd.,

" Basic to update everyday "  from tokyo

Women fashion

日本東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-4ヒルトップスクエア千駄ヶ谷1F

代表TEL:03-5414-2563

  • MINELAL Instagram
  • MINELAL Pinterest
  • MINELAL Twitter
  • MINELAL Facebook
  • MINELAL Tumblr

Follow Us

October 26, 2017

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

■THINK■自分たちに出来る事を考える

July 11, 2017

先日の垣見一雅さんの講演会でネパールに興味を持ち、さっそく何かできないかと考えました。私たちはまずネパールの人々が作ったアクセサリーをフェアトレードに取り組みたいと考え、ネパールだけでなく東南アジアに詳しいアジア教育交流研究機構<http://aaee.jp>、関昭典会長にお話を聞きに行きました。

何度も東南アジアに足を運んでいる関会長の話を聞き、フェアトレードをネパールで始めるのには多くのハードルがあることが分かりました。

 

一つ目はライフラインが整っていないこと。ネパールはまだまだ発展中の国であり、水不足や停電などに悩まされているため、いくつかのトラブルが発生した際にスケジュール通りに進行することが難しいことがあります。二つ目はクオリティ。日本はとても豊かで、私たちは日々クオリティの高いものに囲まれて暮らしているため知らない間に目が肥えている気がします。三つ目は人脈と信頼関係づくり。ビジネスだけでなく、交流を持つうえでこれが最も重要で難しいと思います。ましてや外国人。私たちはネパール人の国民性や考え方などを良く学び理解するだけでなく、私たちのことを理解してもらわなければいけません。

 

このようにフェアトレードを始めるには多くの課題があります。最終的にそこにたどり着くためのステップとして何が出来るか考え始めました。

 

さらにネパールのことを詳しく聞いていくと、失業率が高く、アルバイトでさえも仕事が無い国だと分かりました。そこで失業中の人に仕事を与えることで、雇用を創出をする案が浮かびました。2012年の統計によると国民1人当年間所得は700円ほどで非常に経済的に苦しい国です。

今すぐにフェアトレードのための工場や人と繋がることが出来なくても、ネパール人にネパールのアクセサリーを買付して貰い、その対価を私たちが払う、という雇用創出の面で役立てるのではないかと考えました。

 

またネパールの人は着る服にも困っているという話を聞きました。ネパールには国民制服があるのですが、服が無いため家でもその制服を着て生活しています。アパレルメーカーである私たちは、この面でもサポートできると考えます。

 

 

”あるもので、いまから、自分から” これは先日の講演会で聞いた垣見さんの言葉です。 いま、自分たちに何が出来るかそれを考え実行していくことが大切だと感じました。

 

 

---Think about what we can do for Nepal---

I was interested in Nepal at a lecture by Mr. Kazumasa Kakimi the other day and thought that I could do something for this country. We want to do fair trade accessories made by people by Nepal and went to ask AAEE(Asia Association of Education and Exchange) president Mr.Seki who is familiar with Nepal and Southeast Asia.

Listening to the story of Mr.Seki who is visiting Southeast Asia many times, I found that there are many hurdles to start fair trade in Nepal.

 

The first thing is the lifeline is not working well. Nepal is still developing country, and it suffers from water shortages and blackouts, so it may be difficult for Nepal to progress as scheduled in case of some troubles. The second is quality. Japan is very rich and we are surrounded by something of high quality every day, so I feel that my eyes are discerning. The third one is to create personal relationships and trust. I think this is the most important and difficult to have in exchange on  business. We must not only learn and understand the national character and way of thinking of Nepal people well but also we make them understand us.

 

There are many problems to start fair trade  like this. We started thinking about what we could eventually do as a step to get there.

Furthermore, as I listen to Nepal more in detail, I find that the unemployment rate is high and it is difficult to get job even a part-time job. Therefore, we come up an idea to create employment to unemployment people.

 

According to the statistics of 2012, one citizen per year The annual income is around 700 yen and it is very economically difficult country.

Even if I can not connect with factories and people for fair trade right now, it is good idea from the viewpoint of employment creation that Nepal people buy Nepal accessories for Japanese.

 

I also heard people in Nepal have a trouble with the clothes they wear. There is a national uniform in Nepal, but because of the lack of clothes, they wear it at home.

We can support this side as apparel makers.

 

 

"Start something from myself" This is Mr. Kakimi's words at the lecture.

It is important to think about it and active what we can.  

Thanks.

 

 

 


ECサイト : http://shop-minelal.com/

Instagram : https://www.instagram.com/minelal__/

Facebook : https://www.facebook.com/nappalm174/

Twitter : https://twitter.com/minelal__

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索