© by Nappalm Co.ltd.,

" Basic to update everyday "  from tokyo

Women fashion

日本東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-4ヒルトップスクエア千駄ヶ谷1F

代表TEL:03-5414-2563

  • MINELAL Instagram
  • MINELAL Pinterest
  • MINELAL Twitter
  • MINELAL Facebook
  • MINELAL Tumblr

Follow Us

October 26, 2017

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

【HOT】食品ロス①

October 26, 2017

久しぶりの更新となりましたが、今後もエシカルやサステナブルについて考えていきます。

今回は私たちに一番身近な「食」についてです。

 

オーストラリアの食品ロス問題の取り組みの一環とする全て無料のスーパーマーケットを7月にご紹介しましたが、日本でも食品ロスへの取り組みが一層活発化してきています。

What is 食品ロス??
食品ロスとは食べられるのに捨てられてしまう食品の事を言います。日本での食品ロスの量はお米に換算すると、国民全員がにおにぎりを1日で2個ずつ捨てていることになります。
日本における食品ロスは、年間約632万トンと推計され、これは全世界の食糧援助量の約2倍になります。(http://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/161227_4.html

世界の共通語である「MOTTAINAI」の考え方の産みの日本はどんなことを取り組んでいるのでしょうか?
食品ロスへの取り組みは地球温暖化防止や廃棄物削減の環境問題の他にも、貧困問題など多面的にメリットがあります。

数年前に賞味期限が1年以上の商品を年月日表示から年月表示に変えた取り組みは、各社は飲料水から取り組み始め、今年の8月に味の素が調味料や加工品、甘味料などにもはじめました。

また、大手流通グループのイオン株式会社は2017年10月16日から一部のプライベートブランドの表示を年月表示へと変更しています。徐々に年月表示の商品を増やし最終的には全体の2割をこの表示にすることを目指すそうです。
こうした取り組みは表示を簡略化することで、売れずに捨てられてしまう商品や買ったけれど食べられない商品を減らす役割があると考えられています。
https://news.biglobe.ne.jp/topics/economy/1016/37137.html

次回は食品ロスをシェアの概念を通し、解決を目指す取り組みを書いていきます。 

 

 

ECサイト : http://shop-minelal.com/
Instagram : https://www.instagram.com/minelal__/
Facebook : https://www.facebook.com/nappalm174/
Twitter : https://twitter.com/minelal__

Tumbler: https://www.tumblr.com/blog/minelal174

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索